制作実績

映像技術解説~VE(ビデオエンジニア)の仕事について

みなさんこんにちは!撮れ高映像部スタッフの村上です。

私は日々現場に行く中で、様々なセクションのスタッフと関わることが多くあります。仕事をしていて1つの現場に、たくさんのスタッフが関わっていて支えられています。その中でも今回はVE(ビデオエンジニア)の仕事について紹介していきたいと思います。

VE(ビデオエンジニア)のお仕事とは

ビデオエンジニアは、カメラマンが撮影する映像の色合いや明るさ(絞り、アイリス)を調整するお仕事です。

複数台のカメラやVTRなどを使用すると、それぞれのカメラごとに色合いや明るさが微妙に違ってきたり、統一性がなくバラつきが出てしまいます。白と黒のバランスや人の肌色などがちゃんときれいに出ているかなどをVEさんが調整していきます。モニターや測定器で波形を見ながら各カメラの調整を行います。

WB(ホワイトバランス)をとるときにはグレーチャートを用いて、光を当て白と黒のバランスを見ます。

バックフォーカスとフランジバック

まずバックフォーカスとは、レンズの最後端から焦点までの距離のことです。

よく間違えられるフランジバックというのは、レンズを取り付けるマウントの接触面から焦点までの距離のことです。なので、同じマウントにどのレンズを取り付けてもフランジバックは変わりません。

ライブ、コンサート収録のほとんど現場では、リハーサル後にビデオエンジニアさんとバックフォーカスをとります。

バックフォーカスはカメラのレンズの根元にネジがあって、それを回して探りながらVEさんのとの確認をとってバックフォーカスをとります。

機械的なトラブルも多くあるこの仕事に、VEさんが解決することが多々あります。映像業界には他にもたくさんの技術的な仕事はたくさんあります。ほかの映像関係の仕事のことも理解しながらこれから業務をしていけるように、日々頑張りたいと思います。

弊社では、ジャンルにとらわれず様々な撮影に携わっており、ライブ・コンサート、スポーツ中継、ロケなど、たくさんの現場の案件に日々励んでおります。弊社スタッフにも協力できる案件がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい!

株式会社撮れ高(03-6274-8982)