制作実績

制作実績

フジテレビの人気番組『逃走中〜ハンターと進撃の恐竜〜』の撮影業務にカメラマンとして参加

こんにちは、撮れ高映像部の林です!

1月5日に放送された「逃走中〜ハンターと進撃の恐竜〜」の収録業務をご依頼いただき、 今回もカメラマンとして撮影参加しましたので、その時のことについてご紹介します!前回上野で収録が行われた際は、フジテレビ湾岸スタジオで打ち合わせをして、マイクロバスでロケ地に向かいました。

関連記事:フジテレビの人気企画『逃走中~上野アメ横妖怪伝説~』の撮影にカメラマンとして参加

今回の撮影は大学のキャンパス内で行われました

今回は恐竜の復活に関する研究をする大学が舞台でしたが、ロケに協力していただいたのは「大正大学 巣鴨キャンパス」でした。私の住んでいる巣鴨です!

今回は大学ということもあり、打ち合わせの場所や控え室には困りません!笑 ということで、撮影業務をご発注いただいた時に、自宅などを考慮して集合場所を決めていただき、現場集合の現場解散になりました。

今回カメラマンとしてついたのは「ミッションハンター」

この番組では逃走者につき1人ずつ、主要ハンター5人程に1人ずつ、ポジション固定のカメラマンが10人ほど、と30人以上のカメラマンがいるので、毎回誰につくか分かりません。今回は「ミッションハンター」につきました。

ミッションハンターとはその名の通り「ミッションの結果次第で放たれるハンター」で、先に放たれる2名には、ミッションハンター担当のカメラマンがつきます。ハンター付きカメラチームと逃走者付きカメラチームで分かれて入念な打ち合わせをします。が、結論から言うと…

1歩も走りませんでした!笑

放送を観た方は分かるかと思いますが、今回の放送中、ミッションによって放たれるハンターはいませんでした。

番組中のドラマ部分は、本編中に撮るところと別で撮るところがありますが「当日しか撮れないインサートもあるはず」と思い、ラスト10分で放出される10体のハンターが向かってくるインサートを撮りに行きました。

「撮れ高」を残す工夫もしています!

何か「撮れ高」を残そうと考え、角を曲がって現れるハンターを撮影したところ、採用していただいたようで、唯一のカットが無事放送されました!今後も社名になっている「撮れ高」を残せるようにしていきます!

弊社では、近年多くお問い合わせを頂いているネット生配信に力を入れており、ネット回線さえあれば即生配信番組を配信出来るノウハウと実績を持っております。

撮影・収録・ロケ・中継・動画編集など幅広く当社テレビカメラマン・CA(カメラアシスタント)・音声・VE(ビデオエンジニア)がご対応致します。まずは、お気軽に電話メールにてご連絡下さい。

株式会社撮れ高 (03-6274-8982)