制作日記

制作日記

音楽ライブ会場の裏方の仕事~客席の後方のスタッフエリア『FOH』に着目!

こんにちは、撮れ高スタッフの宮坂です!今日は音楽ライブについて紹介していきます!

皆さんは音楽ライブに行ったことはありますか?そして会場についてどの席だと喜びますか?やはりステージに近い最前列が1番かと思います。普段テレビで見ているアーティストを目の前で、手の届きそうな距離で見ることができますもんね!

ライブ会場の心臓部『FOH』とは?

しかしそれでは全体が見れない、だから2階席の最前が好きだという意見を最近聞きました。では、音的にどこが一番いいのか?もちろん会場のどこでもバランスよく聞こえる様にPA(public address~音響)さんが調節していますが、どこで聞いて調節しているかと言うと『FOH』と呼ばれる、客席の後方に置かれるスタッフエリアです。

業務上、会場を”ステージ”と”客席”に分けた場合、客席部分を『FOH(Front of house)』と言います。FOHにはその公演の、総合演出やPA、照明、収録などの”責任者”が集まっていて、裏方の心臓部と言える部分です。会場の中心に集音用にマイクを立て、キャノンケーブルを1本FOHに引いている場合があるので、僕たち映像スタッフが交差する形でケーブルを引く場合、スムーズに回収できるように、必ず下をくぐるようにします。

ライブ開始前のFOHの動き

たとえばライブなどに行って18時開演の場合、59分にはソワソワしてますよね(笑)好きなアーティストほどソワソワタイムの訪れは早まると思います!しかし『時間になっても始まらない』なんてこともありますよね。世に言う「押してる」と言う状態で、スケジュールが後倒しになってる時に使いますよね!原因は演者の都合や、技術的な準備、天候などによるお客さんの着席の遅れなどがあります。そんな時、FOHの演出の動きを見ていると面白いかと思います!

照明さんにダウンの指示を、PAさんには音量を上げたりミュートの指示をジェスチャーや、ハンドシグナルで行います。下げる手に合わせて落ちる照明、上げる手に合わせて大きくなったBGMが、手を握った瞬間にミュートされるのはトリハダものです!ほとんどのライブがそのように始まるのは、暗く盛り上げてから無音にされた後で、一気に明るくなるステージや、1つ目の音に耳を向けさせる目的もあります。そうする事で照明効果も音響効果も格段に上がりますよね!ライブを見に行くときは、前だけでなく後ろにも少し目を向けてみると、新しい感動が得られるかもしれません!!

 

・収録・ロケ・中継・配信・動画編集など幅広く当社テレビカメラマン・CA(カメラアシスタント)・テレビ音声・VE(ビデオエンジニア)がご対応致します。まずは、お気軽に電話メールにてご連絡下さい。

株式会社 撮れ高 (03-6274-8982)